• オンラインショップ
  • 商品紹介
  • 店舗一覧
  • 資料室
  • 談話室

ホーム > 手作り菓子入門 > 和菓子入門 > 草餅

和菓子入門

野趣あふれる季節の香り草餅

翌日になっても柔らかく食べられるように上用粉に餅粉を加えて作ります。中の粒あんは市販品を利用しました。

材料・20個分

ヨモギ *150g
上白糖75g
上用粉 *2200g
餅粉50g
270cc
粒あん(市販品)300g

*1 重曹を加えてゆで、冷水にさらした跡、水気を軽く絞ったもの
*2 上用粉は上新粉でもよい
 出来上がったものは、ラップなどをかぶせて、できるだけ乾燥を防いでください。

草餅

作り方

作り方・1 (1) 下ごしらえしたヨモギを刻んでおく。この時、繊維を細かくするため、少し水気を残した状態でまな板の上にのせ、包丁でたたくようにすると刻みやすい。
作り方・2 (2) 上用粉、餅粉、上白糖をよく混ぜ合わせた中に、少しずつ水を加えていく。ダマになりやすいので、2〜3回に分けて、混ぜながら加えていく。
作り方・3 (3) 蒸し器に木枠を置き、ぬれぶきんを敷いて、(2)の生地を流し込む。生地の上に(1)のヨモギを細かく散らしておく。強火で約30分間蒸す(しっかり蒸した方がおいしい)
作り方・4 (4) 蒸し上がった生地はふきんごと取り出し、熱いうちに、ふきんで包み込むようにしながら、全体が平均して緑色になるまで混ぜ込む。生地が熱いので、ポリエチレンの手袋などをして混ぜてもよい。
作り方・5 (5) 粒あんを20等分して丸めておく。生地は、手に少し水をつけながら20等分し、丸めておいた粒あんを、くわい形に包んでいく。生地30gに粒あん15gが目安。くわい形は、生地を丸くのばして中央にあんをのせて包み、最後にとじ目を丸めてしまわずに、上に引き上げるようにのばし、人差し指と中指ではさんでちぎって仕上げる。

このページの先頭へ