• オンラインショップ
  • 商品紹介
  • 店舗一覧
  • 資料室
  • 談話室

ホーム > 特集 > 神戸からの手紙 > 「舞子から」明石海峡大橋 歴史散策

神戸からの手紙

「舞子から」明石海峡大橋 歴史散策

3911mの世界一長いつり橋として開通した明石海峡大橋は新たな神戸の名所として賑わいを見せています。この橋を眺めるのに良い場所として、そして神戸の歴史を語る場所として舞子の「六角堂」と「舞子ビラ」を紹介しましょう。
まずは通称「六角堂」の名で親しまれている孫中山(そんちゅうざん)記念館。この建物は実際には正八角形の三階建てで八方に窓があるユニークなもの。それぞれの窓から眺める風景は揺れ動くパノラマのようなもので別名「移情閣」の名を持ちます。
今は大橋の工事のために一時別な場所へ移設されていますが、舞子の海岸に凛と建つ「六角堂」は神戸の歴史絵図のひとつです。建てたのは中国浙江省出身の華僑「呉錦堂」。1885年に来日した彼は、行商をしながら蓄財し、その資金で貿易を始め艱難辛苦(かんなんしんく)の末に成功して関西財界の大立者になります。出世した彼は私財をなげうって故郷の中国や神戸に学校(中華同文)を建てたり、今でも「ゴキンド池」の名が残る灌漑用の池を作るなど、多くの社会事業に力を注ぎます。大正時代(大正6年)になって彼が別荘として建てたのがこの「六角堂」。当時は建物の前に砂浜が拡がり、その砂浜を馬にのって明石まで走ったといいます。そして彼は中国革命の父と言われる孫文を支援し、1924年にはこの建物に孫文を招いています。
建物の前で在神華僑のおもだった人々と共に撮影された記念写真が残されています。

舞子ビラ別館 リゾートホテルとしてリニューアルした舞子ビラ別館

一方「舞子ビラ」は1888年(明治21年)、有栖川宮熾仁(ありすがわのみやたるひと)親王が別荘として建てたもの。熾仁親王と言えば、考明天皇の妹・和宮内親王と許婚の仲であった人ですが、和宮は幕未の動乱期に朝廷と幕府の融和をはかる公武合体政策のために将軍家茂の夫人になってしまいます。後に熾仁親王は官軍の征東軍の総統として江戸に攻め込むのですから皮肉なもの。晩年は肺結核のためこの舞子で療養しますが、明治28年1月に薨(こう)じています。この別荘は彼が他界した後の大正時代中期に住友の別荘になり、太平洋戦争後は一時オリエンタルホテルのものとなり、さらに1965年に神戸市が買収して今は市民の憩いの場「舞子ビラ」になっています。
歴史の渦中にいた孫文、呉錦堂そして有栖川宮熾仁親王、まぎれもなくこの建物の八方の窓のひとつから、海を即ち今まさしく大橋で結ばれた明石海峡を見つめていたはずです。今彼らがこれを見たならば海峡を結ぶ夢の懸け橋をどのように評価したでしょうか。

〈参考文献〉「神戸の歴史を歩く」藤井勇三、「神戸・街ものがたり」安田泰幸、「神戸ものがたり」陳舜臣


このページの先頭へ