• オンラインショップ
  • 商品紹介
  • 店舗一覧
  • 資料室
  • 談話室

ホーム > 資料室 > お菓子にまつわるいい話 > 私流健康趣向茶

お菓子にまつわるいい話

私流健康趣向茶

わが家特製のお茶を楽しみましょう

近頃は、緑茶、紅茶、コーヒーは言うに及ばずさまざまな野草茶・薬草茶や、中国茶などの世界各地の珍しいお茶が簡単に手に入るようになりました。国民の一人一人が紅茶に一家言を持ち、一日が紅茶に明け紅茶に暮れ、どんな約束よりもティーパーティーを優先させるといったイギリス人ほどではないにしても、お茶を飲む習慣は日木人の生活に深く入り込んでいます。さらにその楽しみ方は十人十色で、ただ喉の乾きを澗す飲料や心を癒す和みの飲みものとしてだけではなく、飲むだけで美容や健康に優れた効果を発揮するという薬効に、今、大変関心が高まっています。スーパーマーケットのお茶のコーナーには煎茶や番茶のとなりに野草茶や薬草茶が並んでいて、わざわざ自然食品店や漢方薬専門店に足を運ばなくても、ふだんの買物のついでにそれらを気軽に買えるほどです。民間療法としてお年寄りから聞いたことのある昔ながらの身近な野草・薬草や、テレビや新聞で話題になっている外国の珍しいお茶を選んで、わが家だけのブレンドティーを作ってみませんか。

ティーポット 中国・福建省の可愛いティーポット。道具に凝ってみるのも楽しいですね。

このページの先頭へ

あなたのティーブレイクは、どんなときですか?

お茶いろいろ

飲時:飲みたい時が、おいしい時。おいしい時が体にいい時。ヨーロッパをはじめ世界各国で飲まれている紅茶も、日本で親しまれている緑茶も、そのルーツはすべて中国。中国はまさにお茶のふるさとです。古くから日常的な飲みものとしてお茶をこよなく愛飲してきた中国に素敵な詩があります。明の王期、1607年にキョジジョが記した『茶疏(チャソ)』という書物に、お茶を飲みたくなるのはどのような時か、どのような時に飲めばよいのかが書かれています。お茶も煎じ詰めれば「飲みたいと思った時に飲むお茶が、一番おいしいお茶」と言ってもよいかもしれません。それがどんな時か、この詩に習っていろいろ考えてみるのも楽しいことかもしれません。さて、あなたならいかがでしょうか。

このページの先頭へ

わが家で作る自慢のスペシャルティー

健康茶(野草茶・薬草茶)

飲みにくいものは、飲みやすいお茶の葉とブレンドしましょう

麦茶、ハトムギ茶、玄米茶など香ばしいかおりのお茶をべースにして野草、薬草を混ぜて煎じると、薬効は変わらず、薬草特有のクセのある味や香りが、緩和されてぐんと飲みやすくなります。薬効が変わらないように混ぜる種類は3〜4種類にとどめておくのが無難でしょう。好みの野草、薬草の茶葉をお好きなようにブレンドしてオリジナル健康茶をお楽しみください。

苦みがあるときは焙じ茶を混ぜると、まろやかな味になります

はぶ茶は苦みがあるので焙じ茶を混ぜると、ほんのりした香りの中にやわらかな苦味があるお茶になり、飲みやすくなります。かすかな酸味が舌に残るどくだみ茶も、焙じ茶と混ぜればどくだみ特有のクセがとれて飲みやすくなります。薬草茶の主役といえるどくだみ茶の有効成分はお湯に溶けやすく、熱湯を注ぐだけで十分な薬効が期待できますし、同時に香りも楽しめます。

レモンや蜂蜜を加えましょう

糖分やカロリーの摂り過ぎを気にする方に人気を呼んでいるギムネマ茶はそれだけでは少し苦いお茶です。「良薬は口に苦し」と思って覚悟して飲むか、レモンや蜂蜜を加えると飲みやすくなります。ハトムギ、麦芽、くこ茶、熊笹をブレンドした市販のお茶・はこ茶も薬のような味がしますが、同じようにレモンや蜂蜜を加えるとおいしく飲めます。 胃腸によいはぶ茶も焙じ茶と蜂蜜を加えるとよいでしょう。

塩吹昆布を一枚、湯飲みに

今、ブームの杜仲茶は子供にも飲めるクセのないお茶です。ちょっと変わった味を楽しみたいときは、湯呑みの底に塩吹昆布を一枚落として、変わり茶はいかがでしょうか。

紅茶、コーヒーに混ぜてホットで

美容と健康に良い野菜、モロヘイヤをお茶にしたモロヘイヤ茶は、紅茶やコーヒーに混ぜてホットで飲むとおいしく飲めます。また変わり茶としてモロヘイヤ茶に妙った玄米を混ぜると一層香ばしくなっておいしくいただけます。

日本茶

日常茶飯事という言葉のとおり、私達にはおなじみの日本茶ですが、ちょっとした工夫やひと手間をかけることによって新しいおいしさを発見できます。

焙烙(ほうろく)で炒って香ばしいお茶を

昔ながらの焙烙を使って、白分でお茶を妙ってみませんか。プーンと香ばしい香りが漂ってきた時が頃合いです。玄米茶、番茶、焙じ茶などの炒り立ての熱い葉にお湯を注ぐと部屋中に良い香りが広がります。少し古くなったお茶の葉もおいしくなること請け合いです。

ポップコーンティーとしてニューヨークでも話題のお茶の飲み方

風味の落ちたお茶は、炒った玄米をブレンドすると、おいしく飲めます。ただこれだけのことで市販の玄米茶にはない自分流のおいしいブレンド茶が楽しめます。コツはお茶の葉と同量の玄米をブレンドすること。粉茶も玄米を入れるとコクが出て、一段とおいしくなります。

抹茶をカジュアルなドリンクに

抹茶というと「お茶席」という型通りのとらえ方ではなく、ビタミンCたっぷりのお茶の葉をそのまま粉末にした、「美と健康の食品」として考え、もっと気軽に摂りたいものです。牛乳に抹茶を加えれば朝のヘルシーな飲みものになりますし、お好みでガムシロップを加え氷を浮かせれば夏向きの飲みものとして楽しめます。

煎茶にスパイシーな香りを

煎茶を入れて、おろし生姜を加えると、生姜が温められて香りが強くなります。胃のもたれや食欲不振のときに効果的です。

日本茶の楽しみ方色々

緑茶でも焙じ茶でもお好みに市販の結び昆布やあられを入れてもいいですね。小梅や塩吹昆布もよい味が出ておいしいものです。またちょっと変わったものでは白湯をそそぐ桜茶はいかがでしようか。

紅茶

さわやかでヘルシーなフルーツを加えて

紅茶に入れるフルーツといえばレモンというのが一般的です。「紅茶にフルーツを入れる」というと驚かれる方もいらっしゃるでしょうが、意外や意外、新鮮なフルーツは紅茶によく合うのです。そもそもレモンティーの起こりはアメリカのカリフォルニアで、レモンを栽培していた農家がアイスティーにレモンを入れたのがきっかけだとか。最近では、市販のフルーツティーもポピュラーになりましたが、ご家庭でなら、生のフルーツのみずみずしい色や香りを紅茶にプラスして、豊かなティータイムをお楽しみください。

紅茶に合うフルーツ、不向きなフルーツ

ネーブル、バレンシアオレンジ、日本のみかんも早生なら合格。りんご、バナナ、パイナップル、マスカット、桃、いちごなども合います。不向きな果物は、梨や柿などの香りの弱いものやアクが強いものです。

フルーツティーの作り方

ポットの中に、紅茶の葉と一緒にカットしたフルーツを入れて上から熱湯を注いで、2〜3分待てばOK。普通に紅茶を入れる時間で大丈夫です。フルーツの量は一人一切れ程度で十分です。多すぎないように。ポットの中には、紅茶とフルーツの香りがひとつに融け合ったすばらしいフルーツティーが出来上がっています。そのままティーカップに注いでもおいしくいただけますが、カップにもフルーツを一切れ入れるとひときわ美しいお茶が楽しめます。

中国茶

ミルクを入れてエキゾチックな味わいに

プーアール茶はミルクを加えるとまた違った味わいが楽しめますし、それにシナモンを加えたスパイシーな味も午後のお茶としておすすめです。ジャスミンティーもミルクとよく合います。

このページの先頭へ

お茶にまつわる言葉・ことわざ

お茶は日本の文化と深い関わりをもち、私たちの生活とは切り離せない存在です。それだけに、昔からお茶にちなんだ言葉やことわざがたくさん使われました。

朝茶は福が増す

朝のお茶は気分を爽快にするから飲むとよい。「朝茶は七里帰っても飲め」も、朝茶をすすめることわざです。

食前の茶は壁下地洗うが如し

食前にお茶を飲みすぎない方がよい。食事がすすまなくなるという意味から無駄なこと、役に立たないことのたとえにも使われます。

茶は水が詮(せん)

よいお茶ほど水を吟味しなければ、真の味は出ない。という意味から、優れたものほど使い方が難しいことのたとえに。

茶にする

人をバカにしたり軽蔑すること。

茶に受ける

人の話を冗談として聞き流すこと。

茶味

茶の湯の味わい。転じて風雅な趣味のことにも使われます。”茶人”も同じ意味で風流人のことです。

お茶を碾(ひ)く

昔、ひまなときに臼で抹茶を碾いたので。客がなくてひまなことをいいます。

茶利

こっけいな動作や文句のこと。

茶番

こっけいなことを演じること。

無茶

「茶」という言葉には茶道からきた作法という意味があり、無茶とは作法がないということから規則からはずれた無軌道なことをいいます。「滅茶苦茶」もお茶のない日本人の生活は考えられないということから、羽目をはずしたことをいいます。


このページの先頭へ