• オンラインショップ
  • 商品紹介
  • 店舗一覧
  • 資料室
  • 談話室

ホーム > 資料室 > 贈り物豆辞典 > 水引

贈り物豆辞典

水引

名前の由来

水引とは、贈答品をほどけないように、結び止めるものとして使われたのが始まりです。
紙縒状の和紙の縒りが戻らぬように、水糊を引いて乾かし固めた事から水引と称されたようです。

水引の本数

水引にはいくつかの結びの種類があります。まず、奇数で用いるのがしきたりとされ、5・7・10本の結びがあります。5本結びをより丁寧にしたものが7本結びです。10本は偶数ですが、5本をひとまとめにしたものを基本の1組とすることから偶数とはしません。2本巻きにしていることで豪華さを表します。
また、数字の十とかけて十分に充ち足るという意味もあります。また、9本は「苦」に通じることから用いません。

水引の種類

水引の種類

一般的に慶事には紅白を。「再びあるように」という意味で『返し結び(蝶結び)』を使います。「二度と繰り返すことのないように」ということから、結婚祝いや弔事、病気見舞いには『結び切り』を使います。結婚には、関東では金銀、関西では金紅を。


このページの先頭へ