• オンラインショップ
  • 商品紹介
  • 店舗一覧
  • 資料室
  • 談話室

ホーム > 資料室 > 贈り物豆辞典 > 品物の包み方

贈り物豆辞典

品物の包み方

進物にかける紙のことを「かけ紙」といいます。今日では、水引とのしが印刷されてある「のし紙」を使うことが多いようですが、正式には、贈り物は奉書紙を使い、水引を結んでのしを右肩にはります。略式では、奉書紙のかわりに美濃紙や半紙を使うこともあります。
かけ紙は、白一枚を用いるのが一般的ですが、結婚祝いには紅白一枚ずつ、その他の慶事には白二枚を重ねることもあります。弔事は重なることを避けるため必ず白一枚にします。かけ紙の重なりは、慶事の場合は右前(右側が下)、弔事の場合は左側です。

正式な包み方

正式な包み方1
1)紙の右端を箱の左角に合わせて、紙の箱の下から左に出す。
正式な包み方2
2)右側の紙をあげ、左側の紙から箱を包む。
正式な包み方3
3)紙の右側と箱の左角をきちんと合わせる。
正式な包み方4
4)水引をかけ、のしをつける。

お歳暮の表書き

お歳暮の表書き

このページの先頭へ